極度のあがり症を克服する7つのステップ

極度のあがり症を克服する7つのステップ
大勢の人の前ではとても緊張してしまうというように、極度のあがり症と自覚している方もいますよね。手足は震えてしまい、冷汗が出てきて上手く話せないという状態になってしまい、仕事には大きく響いてしまうでしょう。

できることならこのあがり症を克服したいと思っていても、簡単には治ることはありません。昔から「場数を踏めば治る、とにかく経験しろ」と言われていますが、実際はそれで克服することは難しいでしょう。場数を踏むということは、人前に出ることには慣れたというだけであって、あがり症が改善されたということにはならないのです。

ではこの極度のあがり症は治すことはできないのかと言われたら、実は改善する方法があるのです。そこで今回は、あがり症の克服のためのステップを7つに分けてお伝えします。

あがり症とは何なのかを知ること

人前に出ると緊張してしまう極度のあがり症は、人としての精神的な防衛反応です。人間は「恥をかきたくない、失敗したくない」という心理があります。

そのような状況が予想されるシチュエーションになりますと、心理が働いて緊張させて、その場を離れさせようとするのです。ですので、あがり症の方は正常な人間であり、誰でも起こる現象なのです。

また、過去の失敗のショックが大きいほど、同じシチュエーションになった時のあがり方が大きくなります。あがり症は誰にでもあることと思えば、少しは気が楽になりますよね。

 

人前で楽しく話している自分を想像する

あがり症は過去の失敗も関係していると言いましたが、その記憶を書き換えることで、緊張が軽減します。書き換えるとは、いわゆる上書き保存とでも言いましょうか。

頭の中で、沢山の人の前で自分が楽しく話しているところを何度も想像しましょう。自分の中で新しい記憶を作るのです。つまり、脳を騙すということです。これで失敗の記憶が楽しく話している記憶に書き換えられていくでしょう。

 

表情筋を動かす

緊張してしまいますとしっかり話せない現象が起こりますよね。これは表情筋が固まっている状態ですので、普段からその筋肉を動かしていることで、いざ話す時の緊張が少しは和らぐでしょう。

毎日「あいうえお」を口を大きく開けて声に出すと良いでしょう。表情筋が柔らかくなり、あがり症の克服にも繋がります。

 

温かい格好をする

極度のあがり症の方は、緊張することで全身の血液の回りが鈍くなり、寒気を感じてきます、手や足先が冷たいのはそのせいでしょう。

ですので、人前に立つときは温かい格好をすると良いです。ホッカイロなどを用意しておくのも良いでしょう。体が温まることで緊張が解けていきます。首を温めると効果的で、あがり症が改善されていきます。

 

イメージトレーニングを入念に行う

あがり症の方は、人前に立つことを考えたときに「緊張して変なことを言ってしまったらどうしよう」と、不安が先に出てきます。その不安を少しでも緩和するのはイメージトレーニングです。

実際にそのシチュエーションの中で、自分が話すことを本番さながらにイメージしていきましょう。どんな光景が広がっていて、どのような人が集まっていてと具体的に想像して、その中で問題なく進行している自分をイメージトレーニングするのです。

イメージすることで予備練習ができますので、ぶっつけ本番で行うよりもあがり方が軽くなるでしょう。

 

カンニングペーパーを用意しておく

人前で話をするときに、全てを暗記しておかないといけないという考えを捨てましょう。自らあがり症に拍車をかける必要はありません。カンニングペーパーを用意して、頭が真っ白になりそうなら見ればよいのです。

このような安心できる材料があると気持ちに余裕ができて、結果的にカンニングペーパーを見ないで言えることもあるでしょう。

「完璧に暗記をしなければ、言葉を間違わないようにしなければ」と、自らに強いプレッシャーを与えるとあがり症の症状が出ます。少しでも楽にという考えを取りこみましょう。

 

「緊張しています」宣言をする

最後にお伝えしますのはパワープレイですが、最初に「緊張しています」と宣言してしまいましょう。それにより「緊張しているから言葉に詰まったり、変なこと言ったりするかもしれません」と伝えることになります。

失敗すること前提と自らを過小評価することで緊張を減らし、余裕が生み出されます。極度のあがり症の方には最大の克服の一手となるでしょう。

 

極度のあがり症の方は、自分だけがこんなに緊張してしまうのかという誤解を無くすことから始めましょう。緊張は皆がしているものです。自分が特別にあがりやすいというわけではないと理解するのです。

あがり症の方は考え方一つでかなり改善されます。完璧にやろうと考えることがプレッシャーになりますので、抜くところは抜いてよいと考えましょう。

皆に緊張がつきものですから、貴方がちょっと失敗してることに対して変なことを思う人はいませんし、それが普通だと思いながら見ているのです。そう思うと少しは気が楽になりますよね。

あがり症の体内のメカニズムを知れば、体を温めることやイメージトレーニングをすることの意味が分かりますよね。極度のあがり症の方は、それがどういうことなのかを知れば克服に向かうでしょう。

まとめ

極度のあがり症を克服したいのなら

・あがり症が何なのかを知ろう
・人前で楽しく話す自分を想像しよう
・表情筋を動かそう
・温かい格好をしておこう
・本番さながらのイメージトレーニングをしよう
・カンニングペーパーを用意しよう
・緊張していることを最初に言ってしまおう



ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたの誕生日や血液型をもとに導き出されるが大好評です!今ならプロの鑑定師が1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。



連記事

コメントをお書きください

ソース

у нас

ry-diplomer.com/kupit-diplom-yurista