バイト先で良い人間関係を作る7つのコツ

バイト先で良い人間関係を作る7つのコツ
学生はもちろん、社会人の方でも収入を増やすためにアルバイトをする方も多いですよね。しかしバイトといえど人間関係はとても大事なものです。バイト内の人間関係が悪いと、仕事にも専念できずに辞めることになってしまうでしょう。

そうならないようにするためにもバイトの人間関係は良くしておきたいものです。人間関係の良し悪しで、その職場の良し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。

しかしバイト先は組織ですから色んな方がいますので、人間関係に苦労する方は多いでしょう。一概に「こうしていれば大丈夫」といった答えはありませんが、バイト先で人間関係を作るコツは存在します。そこで今回は、バイト先で悩んでいるという方のために、良い人間関係を作る7つのコツをお伝えします。

皆に元気な挨拶を欠かさない

人間関係の基本と言っても良いほどですが、挨拶は元気よく皆にしましょう。バイト先での人間関係をよくするためには最低限のことです。

出勤時の「おはようございます」「よろしくお願します」、退勤時には「お疲れ様でした」「お先に失礼します」などの挨拶ができるかできないかで、周りの方からの評価が天と地の差くらいも変わります。

他の従業員の方が挨拶しなかったら、あなたも気分が良くないですよね。相手にそのような印象を与えないようにするためにも、挨拶は基本中の基本です。

 

分からないことがあったらすぐに聞く

バイトの仕事というと、上司や先輩に頼まれたことをするという事がメインですよね。その伝えられた仕事のことで、時によく理解ができないこともあるでしょう。「なぜそれをやらなければいけないのか」と疑問に思ったり、説明時の言葉の意味が分からなかったり、必ず一度や二度はあるはずです。

その時、すぐに聞くことができるかどうかが、バイト先の人間関係を良好にすることに繋がってきます。理解しないで仕事を進めてしまえば、そのうち失敗にも繋がりますし会社に迷惑をかけることにもなります。

そうなれば人間関係どころの話ではありませんよね。疑問に思ったことは恥ずかしがらずにすぐに聞くようにしましょう。

 

失敗したら素直に謝る

バイトで仕事をしていく中で、何かの失敗をしてしまうこともありますよね。失敗してしまうことは仕方のないことです。しかし大事なことは、その失敗に対してしっかりと謝ることなのです。

自分の失敗を認めることは簡単なことではありません。ですので誤魔化したり違う人に責任転嫁してしまう方もいるのが事実です。しかし「失敗した人」は周りからすれば特定されるものですよね。誤魔化したって失敗した人は変わることは無いのです。

そこで自分の失敗を認める勇気があれば、それは素直と捉えられバイトの中での人間関係が崩れることも無いでしょう。

 

社内でのルールをしっかり守る

世の中には沢山のルールがあります。それはバイト先でも同じようにルールがあり、それを守ることがバイト先での人間関係を良くすることになるのです。

例えば「来月のシフトを作るために休みの希望を20日までに」と決められていたら、それは守るべきですよね。それを守らない方がいたら、あなたも良い気分はしないはずです。それにより全体のシフトの完成が遅くなるわけですから。

人が集まればルールがそこにあることは当たり前のことです。そして守れなければ人間関係が悪くなることも当たり前のことと言えるでしょう。

 

周りの人との距離感を保つ

バイト先で人間関係を良くしたいと思っているのは普通のことです。しかしそれを意識しすぎて色んな方との距離感を縮めてしまうのはおススメはできません。一見仲良くなるための手段と見えますが、実は人間関係を悪くしてしまうことにもなるのです。

人が集まればそこには沢山の感情が生まれるでしょう。人間の好き嫌いというリアルな問題も必ず出てきます。色んな人と親しくなってしまえば、その沢山の感情の波にも合わせなければいけないのです。

それは不可能であり、派閥の波に入り込んでしまってどうすることもできなくなります。仕事はしにくくなりますし、そうなれば職場にも居づらいですよね。

しかし皆と適度に距離を置いておけば、バイトの人間関係の波に入らずに済むのです。それは仲間外れではなく、「自分」という立ち位置を確立していると考えましょう。

 

自分でルールを作らない

先ほどルールを守ることが大事だとお伝えしましたが、ルールに関してもう一つあります。バイト先の人間関係をよくするためには、自分のルールを作らないことです。

自分ルールとは何か、仕事をしていくと慣れてきて「もっとこうしたほうが良い」と思うことが出てきます。その思いを職場の上司などに話もせずに勝手に実行しては、それは人間関係が崩れることになるでしょう。

皆で共有しなければルールにはなりません。自分勝手としか言えないのです。自分勝手な人間が人間関係を良くできるわけはありませんよね。仕事で変えたいことがあったのならば、まず上司に一言相談しましょう。

 

職場の人の悪口を言わない

バイトをしていると、どうしても不満を口にしたいこともありますよね。しかしそんな時でも一緒に働いている上司や同じバイトの仲間の悪口は言わないようにしましょう

よくあることが、仕事ができないバイト仲間のことを悪く言うという場面があります。しかし言っている本人がそこまで仕事ができるのかと言われたら、実際そう思われていないのです。

仕事ができる人はつまづいている人にアドバイスができる人です。悪く言ってるだけの人は人間性を疑われて逆に嫌われるでしょう。バイト先では人間関係を築くために、人の悪口は止めましょう。

 

以上、バイト先で良い人間関係を作るコツをお伝えしました。今回お伝えしたコツは「こうすると良い」ではなくて、「これをしないように」という事がほとんどだったのです。

最初にお伝えした「こうすれば大丈夫」ということは無いというのはそういうことなのです。バイト先で人間関係を良くするには、関係を悪くするようなことをしなければ良いということです。どの世界でも人間関係の構築は簡単ではありません。その中で良くしていきたいのなら、人に嫌われることを無くしていきましょう。

バイトという立場ですので物事を決める権限がありません。それならば決められたルールを守ること、挨拶をすること、失敗を謝ることなど、当たり前のことをできるようになれば、バイト先の人間関係は自ずと良くなっていくでしょう。

まとめ

バイト先の人間関係を良くしたいのなら

・皆に元気に挨拶しよう
・分からないことはすぐに聞こう
・失敗したら素直に謝ろう
・社内のルールを守ろう
・周りの方との距離感を保とう
・自分で勝手にルールを作ることはしないようにしよう
・人の悪口は言わないようにしよう



では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。



連記事

コメントをお書きください