勉強したくない気持ちを捨てて、受験を成功させる秘訣☆

勉強したくない気持ちを捨てて、受験を成功させる秘訣☆
受験が近づいてくると必須なのが、勉強したくない気持ちとの戦い。この気持ちに打ち勝たなければ、受験の勝利はありません。ところが、これがなかなか強敵なのは、経験者なら誰でも知っているところです。

勉強しなくちゃと思って机に向かってみても、テレビやスマホ、パソコンが気になったりして、なかなか教材に集中できないものですよね。これも経験者なら分かることですが、勉強というのはやり始めると楽しくなるもので、波に乗ってくると、もっと勉強したいと思えるものなのです。

ところが、なかなかその気になれないのが難しいところ。そんなとき、どうやって勉強に気持ちを集中させれば良いのでしょうか。ということで今回は、勉強したくない気持ちを捨てて、受験を成功させる秘訣についてお伝えします!

[ 詳細はこちら… ]

勉強法を見直して希望の試験に合格する5つの必勝作戦

勉強法を見直して希望の試験に合格する5つの必勝作戦

近年、資格取得やキャリアアップのために勉強する人が増えています。しかし、どうやって勉強したら良いのかその勉強法が分からないという人や、仕事をしながら勉強するのは難しいと感じる方もいますよね。

試験に合格するには、試験に合格するための勉強法を身に付ける必要があります。ただ闇雲の勉強してもなかなか効果は上がらないもの。

勉強しているのに試験に合格できないという方は、まず試験に合格するための勉強法を学ぶと良いですよ。今回は、希望の試験に合格するための勉強法を「質より量を重視する」、「時間を効果的に使う」というキーワードに沿ってお伝えします。

効果的に勉強したいと考えている方は、今回のコラムを参考にして、あなたの勉強法を見直して下さい。
[ 詳細はこちら… ]

記憶術を高めるための基礎☆楽しいから続く5つの練習法

記憶術を高めるための基礎☆楽しいから続く5つの練習法

誰でも1度は物忘れをした経験ってありますよね。物忘れをしてしまう人にお勧めなのが記憶術。ヒトの記憶は脳の側頭葉にある海馬という場所で行われますが、認知症などで記憶力が低下した脳は、この海馬の萎縮が見られたりします。

つまり、記憶力を鍛えるには海馬を含めた脳の機能を鍛えるトレーニングが重要。しかし、一般的に紹介されている記憶術はなかなか続かないものです。

それは、多くの記憶術が取っ付きにくいと感じるからでしょう。楽しければ毎日続けて出来るはず。今回は、楽しみながら記憶力を鍛える方法をお伝えします。

今回紹介する方法全てを行わなくても構いません。あなたも、これなら毎日できそうと思えるものから始めて下さい。
[ 詳細はこちら… ]

勉強のやる気をキープするときに必須★時間管理5つのコツ

勉強のやる気をキープするときに必須★時間管理5つのコツ

勉強のやる気がキープできない…と悩んでいる人は少なくないと思います。最初は勉強に対するやる気満々で取り組み始めても、数時間もしないうちに集中が切れてしまう…ということはよくありますよね。

特に高校・大学受験を目指す受験生であれば、1日の大半の時間を勉強に当てている人も多いはずです。その場合、まず1日の中で勉強のやる気をキープするためのスケジューリングをする必要があるでしょう。

また中には、1ヶ月~半年という中長期的なスパンで見たときに、最初の頃は勉強のやる気に燃えているけれど、時が経つにつれやる気がなくなってしまい、結局は目標を到達できない…という人もいるでしょう。

特に忙しい社会人が、仕事と並行して資格や語学を勉強するような場合には、1ヶ月~半年単位でのスケジューリングが必要になってくるはずです。

このように、勉強のやる気をキープするためには、時間管理が大きなカギを握っているんですよ。そこで今回は、勉強のやる気をキープするときに欠かせない時間管理のコツを5つお伝えします。
[ 詳細はこちら… ]

インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法

インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法

「自分には何の才能もない…」と思っている人は、多いと思います。しかし、それは間違い。誰でも何かしらの才能は持っているけれど、ただそれに気づいていないだけなのです。

そんな才能を見つけ出すためには、インスピレーション(直感)を刺激することが効果的です。才能は、どんなところに隠れているかわかりません。

自分の思い描くような、または望んでいるような形のものとは別の才能が隠れている場合だってあります。隠れた才能を見つけ、その力を引き出すことができたら素晴らしいですよね。

そのためには、インスピレーションが重要な役割を担っています。自分自身について分析してみるときには、ついつい今までの経験に基づいて考えてしまうことが多いです。

たとえば自分自身について、「学校の美術の授業ではいつもひどい成績を取っていたから、わたしには美術の才能はないんだ」と考えているとしましょう。

これは、「学校の美術の授業でいつもひどい成績をとっていた」という「経験」に基づいて、「わたしには美術の才能がない」と判断していることになります。

もちろん、経験に基づいて考えることも大切ですが、もともと持って生まれた直感、インスピレーションを刺激することで、自分自身の意外な才能に気づくことができるんですよ。そこで今回は、インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法をお伝えします。
[ 詳細はこちら… ]