コミュニケーション能力を向上させる習慣の作り方

コミュニケーション能力を向上させる5つの習慣
人との関わり合いが希薄になってきた現在だからこそ、コミュニケーション能力に長けているかどうかで人生が決まると言っても過言ではありませんよね。

たった一言で、今まで良好だった関係が崩れてしまったり、SNSで酷評されたりとコミュニケーション能力がしっかりしていないと、様々なトラブルを誘発してしまうこともあり得るからです。

人から好かれたい、嫌われたくないという気持ちは誰にでもありますが、それを叶えるのは無理なこと。どんなに素敵で良い人だとしても、嫉妬や嫌悪感を抱く人が必ずいます。

しかし、社会で生きていくには仕事や家庭、友人や近隣関係などコミュニケーション能力は必要不可欠で、この能力が低いと更に困ることが増えてくるでしょう。

そこで今日は、自分を守るためにも身に着けたいコミュニケーション能力をアップさせる習慣の作り方についてお伝えします。

相手が理解しやすいように話す

自分の考えを正しく伝えるというのは難しいですよね。話し方によっては、全く違うことに捉えられてしまって、それがトラブルの原因になってしまうこともあります。

同時に話を聞いていても解釈が全く違うということもあるので、相手が理解しやすいように話すということを意識することを習慣づけることがコミュニケーション能力を上げる方法にもなるのです。

あなたの周りにも、何を言いたいか分からないという人もいますよね。話を聞きたいという気持ちの減少や相手を疲れさせてしまうことにもなるため、目的を明確にして最初に伝えるようにすると良いでしょう。

自分の考えを話したい時は、先にそれに関する事実を述べた後に自分の考えを伝えるようにすると理解しやすくなるので、相手に話をきちんと聞いてもらえるようになりますよ。

 

挨拶は語先後礼で行う

挨拶はコミュニケーションを取るためにとても大切なものですが、きちんと出来ている人って以外と少ないのです。朝、「おはようございます」と言いながらお辞儀をしているのを良く見かけますよね。

しかし、お辞儀をしている時に地面を向いていて、本来相手に向かってするものなのに下を向いていては気持ち良い挨拶だという印象を与えることが出来ません。

その点、テレビ局のアナウンサーが行っている「語先後礼」という挨拶の仕方で、朝なら「おはようございます」と言ってからお辞儀をすれば言葉が相手にきちんと伝わるだけでなく表情も分かるため、気持ち良い挨拶の印象がしっかりと残り、確実にあなたのイメージアップに繋がってコミュニケーションが取りやすくなります。

普段から語先後礼を行っている人は少ないため、習慣にしてコミュニケーション能力をアップさせましょう。

 

話しを最後まで聞く

会話というのはコミュニケーション能力の中でもかなり重要なので、話し上手な人に出会うと羨ましくなりますよね。しかし、話し上手になりたくても簡単にはなれません。

元々の本質があるため、無理して話そうとすればするほど、話は空回りしてしまいます。そんなあなたは、コミュニケーション能力を高めるために聞き上手になってください。手始めに、人の話を最後まで聞くこと。

口を挿まずに最後まできちんと聞くことは以外と難しいのです。自分が興味があることであれば、気になることがあると途中で質問したり訂正してしまいたくなりムズムズしますよね。

ですが、相手が話したいことを最後まで気持ち良く話させてあげるという態度は好感を確実に得、もっとあなたと交流したいという気持ちにさせるので、忍耐強く、話を最後まで聞くということを習慣づけるようにしましょう。

 

うなずきの達人になる

先ほど、相手の話を最後まで聞くことを習慣にしようとお伝えしましたが、講義を聴いているのではないのですから聞き方に注意が必要です。

話の腰を折らずに最後まで聞く時はうなずきが効果的で、うなずきありとなしではある方が話す時間が2~3倍に伸びるということもあるので、コミュニケーション能力を磨きたいのであればうなずきの達人を目指しましょう。

特に口下手を認識している人にはとても有効な方法で、話を興味を持ってしっかりと聞いていますよという意思表示になり、自分が話を提供しなくても気持ち良くどんどん話してくれるため、何を話そうかいつも悩んでしまうという人にもおススメの方法なんですよ。

話を聞いてもらっているだけなのに、会話が楽しいという解釈を相手はしてくれるので、うなずきの達人になればコミュニケーション能力が確実に向上します。

 

相手の話に集中する

話しをきちんと聞くというのは当たり前のようですが、出来ないことが多いのです。特に自己紹介や自分の意見を後で述べなくてはいけない場合、順番が廻ってきた時に何を話そうかと考えながら聞いているため、きちんと話を聞くことが出来ませんよね。

しかし、相手の話に集中するということは相手の考えを理解したり新たなことを知るということにも役立つので、コミュニケーション能力を上げたいのなら話している人の話に集中出来るよう習慣づけましょう。

興味のある話を一言一句聞き逃さないのと同じように、普段から全神経を相手と話に集中させて聞くように頑張ってみてください。最初はかなり疲れますが、きちんと聞くと興味がなかった事柄でも意外と面白かったり、新たな発見があるものです。

話す相手に対して興味や尊敬という感情が出てくるようになるので、コミュニケーション能力が自然と上がりますよ。

 

このように、習慣を変えれば今までよりも確実にコミュニケーション能力がアップし、人間付き合いが楽になります。

トラブルを回避したり円滑に仕事が進むなど、コミュニケーション能力が向上するば仕事にも有利に働き、大きなストレスを抱え込むことも少なくなるでしょう。

一昔前ならコミュニケーションの一環だったような行為が、今はセクハラやパワハラと言われる時代です。相手に多少でも不快な気持ちを持たせてしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなるので信頼関係を築くのが難しくなってきました。

だからこそ、コミュニケーション能力を上げて、人間関係を円滑にすることが求められていて、その結果、コミュニケーション能力検定というものまで存在します。それだけ大事なことということを、心に留めておきましょう。



ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたの誕生日や血液型をもとに導き出されるが大好評です!今ならプロの鑑定師が1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。



連記事

コメントをお書きください