出会いがないのはなぜ?自分の癖を改善する5つの方法

出会いがないのはなぜ?自分の癖を改善する5つの方法
恋人がいる人・結婚に向けて動いている人がたくさんいるなか、自分だけ出会いがないのはなぜ?と思ってしまうことってありますよね。また、せっかく出会えても、ダメンズやフィーリングの合わない人ばかり引き当ててしまう、なんて人もいます。

誰かと比べて特別欠点があるとも思えないどころか、むしろ高スペックともいえる女性に限ってこういった悩みを密かに抱えているというのもよく聞く話です。

ですが良く振り返って考えてみたら「異性を遠ざけてしまう言動」のあれこれが自分の行動パターンに当てはまっている、なんてことも……そこで今回は、知らず知らずにあなたがとってしまっているかもしれない、出会いを遠ざけている行動や癖についてお伝えします。

出会いそのものをあきらめない

出会いがないのはなぜ、とこんなに悩んでいるのに!と思うかもしれませんが、出会いがないと嘆く人ほど、実はどこかで出会いそのものにあきらめを抱いているケースがあります。

「あなたに出会いがないのはなぜ?」と聞かれて「仕事が忙しいから」「環境が恵まれていないから」「年齢」「ルックス」……。

思い当たる理由がいろいろあり、それをすらすらと口にできてしまう人ほど、深層心理では「だから私はイイ人と出会えないんだ」と結論づけてしまっているため、結果的に出会いそのものを見過ごしているということが大変多いのです。

浮かんだ理由をひっくり返すように思考をシフトチェンジしてみましょう。「仕事が忙しい→休みの日には外に出てみる」「環境が恵まれていない→趣味のサークルなどを始めてみる」など、はじめの一歩を踏み出してみるところから出会いのチャンスは生まれます。

 

出会うための努力の方向性を確認する

出会いがないのはなぜ、と思いつつ、それでもあきらめずに努力している人も大勢いるはず。なのに一向にイイ人に巡りあえないとなるとちょっとへこんでしまいますよね。

そんな時は、出会いを求めるための努力が不足していないか・見当違いの方向にいっていないかを今一度確認してみましょう。

例えば、出会いを求めて婚活サイトなどに登録はしているものの、ちょこっとだけ活動して満足してしまっている、なんてことはありませんか?マメな連絡のやり取りや、積極的なアピールが必要なのにその辺りを面倒に思ってはいないでしょうか。

また「女子力アップのための自分磨き」も、男性側から見たら「そのスキルは別にいらないかな」と思われているものが多々あります。出会いがないのはなぜ?と思うときが変わり時。方向性を調整してみましょう。

 

出会いを見逃していないかを探る

「出会いがないのはなぜでしょう」と嘆く女性に、実際にかの著名人が送ったアドバイス。それが「出会いがないわけではなく、気づいていないだけ」というものです。よく考えてみて下さい。

例えばあなたが1日を過ごす間、何人の人に「出会い」ましたか?通勤電車で乗り合わせる人、すれ違う人、関係者……そう、出会い自体はどこにでも転がっているのです。

まずはこの部分を意識してみると、少なくとも、よれたファッションやぼさぼさの髪の毛といった、いい加減な格好で外出することはできなくなるのではないでしょうか。

また、職場や学校、サークルなどを通じて、実は交際に発展できる異性と知り合っているにもかかわらず「ただの関係者」としか認識していないがために見逃しているケースもあります。

出会いがないのはなぜ?と遠くにばかり目を奪われるのではなく、一度近くにも目を向けてみましょう。灯台下暗し、なんてことがあるかもしれませんよ。

 

性別問わずに交友関係を広げる

異性との出会いがないのはなぜ、とため息をつく人に限って「そもそも同性の友達すら少ない」というケースが見受けられることがあります。交友関係が広ければ、おのずと出会いの数も増えるというもの。

出会いがないのはなぜ、と恋愛にばかり目を向けるのに疲れたら、あなたの人脈や世界を広げるためにも、いったん「交友関係の拡大」を視野に入れてみましょう。積極的に出会いを求めると、どうしてもがっついてしまいます。

そんな雰囲気を敏感に感じ取ると異性はどうしても及び腰になりがちですが「交友関係を広げよう・視野を広めよう」と考えると余計な力が抜ける分、あなたの素の魅力が出しやすくなりますよ。

仲が良くなった同性の友人からの紹介があるかもしれませんし、異性の友人が未来の恋人になる可能性もあります。あえてちょっとだけ、出会いを求める活動から離れてみるというのも、一つの手です。

 

恋愛が本当に必要なのかを考える

出会いがないのはなぜかと悩む人と話をしている中でしばしばお会いするのが「実はそれほど出会いのなさを切実に感じていない」人です。

よくよく話を聞くと「恋人がほしい・恋愛がしたいという欲求はある」「そのための努力もしている」けれども「恋愛以外のことで充足感が得られているから、実はそれほど切迫していない」という現実が浮き彫りになってきます。

出会いがないのはなぜと思ってはいるけれどね、と言いつつどこかに余裕があるこの手のタイプは、自覚を持たないと、逆に今のゆるい状態がずっと続いてしまう可能性が高いといえるでしょう。

一度、あなたのライフスタイルにおいて恋愛がどの程度重要性を持っているのかを考えてみるとよいですね。その結果「恋愛よりも○○」というものがあるのなら、年齢や周囲の状況に惑わされることなく、今はそちらに力を注ぐ方が、あなたにとって有意義となるはずです。

 

このように、周囲の恋愛が充実しているように見えれば見えるほど「自分に出会いがないのはなぜだろう」と焦ってしまいがちですが、恋愛程焦るとうまくいかないものはありません。

焦りやネガティブ思考が、かえって中途半端な縁を引き寄せてしまって苦労する羽目になるのもよくあることです。だったら一度腹をくくって、出会いを求めるための活動にゆったりと力を入れる方が効率もよくなります。

これまでを覆すような言葉になりますが「なにも恋愛がすべてではありません」。よく考えて、今は恋愛よりも夢中になるべきものがあると思ったら、まずはそちらに力を入れるのも一つの手。

かといって夢中になりすぎても機会を逃しますから、自分の中で期限を決めて「出会いがないのはなぜ」と悩むのではなく「どうしたら素敵な出会いを引き寄せられるだろう」と、ポジティブな方向に思考をシフトしていきましょう。

まとめ

出会いを引き寄せるために意識することとは

・ 出会いそのものをあきらめない
・ 出会うための努力の方向性を確認する
・ 出会いを見逃していないかを探る
・ 性別問わずに交友関係を広げる
・ 恋愛が本当に必要なのかを考える



連記事

コメントをお書きください

читайте здесь

トピックの詳細

www.np.com.ua/elektromehanicheskoe-oborudovanie/testomesy.html