熟年離婚で後悔しないために知っておくべきこと

熟年離婚で後悔しないために知っておくべきこと
熟年離婚をする夫婦が増えているというのはテレビや雑誌などで話題になっていますよね。長年、専業主婦として家族に尽くしてきた妻が自由を手に入れるために熟年離婚をしたり、家族のために一生懸命働き続けた夫が新しい人生を歩みたいと熟年離婚をするなど、その理由は明るい未来のためという印象があります。

しかし、熟年離婚をしたら全員が幸せになれるわけではありません。実際に熟年離婚をした後に「離婚しなければよかった」と後悔する人もいますが、相手が再婚をしていたり、新しい生活を楽しんでいる場合には後悔しても後の祭り。復縁できずに悔やみ続けるということもあるのです。

そこで、熟年離婚した後に後悔しないために、知っておくべきポイントをケーススタディで6つお伝えします。

孤独を感じる

夫婦で一緒にいる時は「わずらわしい」と感じていたとしても、いざずっと一人きりという環境におかれると孤独を感じる可能性は非常に高いです。

例えば、家族が煩わしいと実家から独立して一人暮らしを始めた若者がホームシックになるのと原理は同じです。しかし、熟年離婚の場合は年齢を重ねている分、精神的なダメージは非常に大きいものです。

クリスマスや大晦日、お正月など家族で過ごすイベントの時にはとくに孤独を感じますから、離婚をする前に孤独への対応策をよく考えておきましょう。

 

苦手な家事をしなければいけない

夫婦は支え合って生きているということに意外と気が付かないものです。夫は妻に家事をしてもらい、妻は夫に力仕事をしてもらうなど、お互いに「自分が苦手な家事」を相手にしてもらっているのですが、そのありがたみには気づきづらいのです。

熟年離婚すると、一人になって初めて身の回りの家事をすべて自分でしなければいけない事に気づき、その大変さから後悔をすることがあります。自分のために苦手な料理をしたり、部屋に登場した虫を駆除できなかったり、そんな自分にふとむなしさを感じるのです。

 

友人関係が疎遠になる

夫や妻がいなくても自分には友人がたくさんいると、熟年離婚をしても寂しくならないと思いますよね。しかし、その友人たちに配偶者がいる場合には、離婚をした後に友人関係がぎくしゃくする可能性がありますから注意が必要です。

お茶や食事をしている時に話題になるのは、たいてい子供のことか夫の話です。友人の一人が離婚をしてしまうと、周囲の人が会話の中で配偶者の話題が出しづらくなってしまいますから、気を遣う間柄になり、友人関係が徐々に疎遠になってしまい、後悔をしてしまうのです。

 

不倫相手と破局した

好きな異性ができて熟年離婚をするという人もいますよね。不倫関係にあるにせよ、ないにせよ、配偶者以外の異性を好きになって熟年離婚をすると、明るい未来に期待をしてしまうものです。

しかし、いざその相手との関係が悪くなったり、想像通りの未来にならなかった場合、離婚をしたことに後悔をします。特に、配偶者には特段不満がなかったケースでは「むしろ元夫の方が優しくてよかった」などと思うのです。「好きな人ができた」などという、配偶者が直接的に原因になっていない理由で熟年離婚をすると後悔することが多いのです。

 

貧困に陥る

長年、専業主婦として家族のために尽くしてきたものの、自分の人生も楽しみたいという理由から熟年離婚を希望する女性は多くいます。しかし、「独身時代にはバリバリ働いていたからすぐに仕事が見つかる」とか「資格があるからなんとかなる」などと考えている場合は要注意です。

50代、60代で、何十年も仕事から離れていた女性を雇ってくれる求人は非常に少ないものです。清掃やチラシの折り込みなど、わずかな収入しか得られない仕事しかないことが多いので、収入が十分に確保できずに貧困生活になり、熟年離婚を後悔するのです。

 

財産分与の金額

主婦を何年もしていると、会社から給与をもらうということがありませんから、金銭感覚が無意識のうちに鈍くなっています。そのため、熟年離婚をする時に夫から財産分与として数百万円もらえるなどと話を提示されると大金をもらえると嬉しくなり、つい離婚してしまうのです。

しかし、人が生活するには、家賃、食費、光熱費など最低限必要な支出があります。お小遣いとして数百万円もらえるのと、今後の生活費としてもらえるのとでは、全く違います。後悔しないためには、財産分与で手にできる金額で自分が何年暮らせるかをよく吟味しましょう。

 

さて、熟年離婚はメディアでは前向きなイメージで取り上げられることが多くあります。実際に熟年離婚で楽しい人生を送ることができた人もいますから、そんな人の姿をドキュメンタリータッチで取り上げられると、憧れるのはやむを得ないことです。

しかし、自分にもそれが当てはまるかは、冷静になって考えましょう。熟年離婚した後に自分は住居があるか、老後の人生のための財産は十分か、お金が必要ならば必要な収入を得られる仕事に就けるかをよく吟味して熟年離婚をするかしないか判断しましょう。

人は幸せに気づきにくいものです。当然だと思っていたことでも、失って初めて「ありがたかったこと」だと気づくことは多くあります。熟年離婚をして初めて配偶者のありがたみに気づいて後悔をすることがないように、ひとまず欲求を押さえてみましょう。

まとめ

熟年離婚をした後に後悔しやすい例とは

・いざ一人になると孤独を感じ精神的に不安定
・配偶者がやっていた家事が自分でできない
・夫(妻)がいる友人との関係がぎくしゃくする
・離婚後に不倫相手に裏切られても時すでに遅し
・求職活動がうまくいかずに貧困生活になる
・財産分与で何年暮らせるか吟味しなかった



では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。



連記事

コメントをお書きください

alfaakb.com

Полное обследование организма в Германии

Совершенствование немецкого языка