夫が嫌い!離婚を決める7つのポイント

夫が嫌い!離婚を決める7つのポイント
夫が嫌いで離婚を決意したという人のきっかけは様々です。性格や考え方、価値観などが人それぞれあるように、夫婦間の関係性もそれぞれですから、トラブルも一様というわけではありませんよね。とはいえ、離婚に至るまでの夫婦間トラブルというのは大体その内容に偏りがあります。

家族との喧嘩は一緒に生活をしているからこそ起こるもので、たいていの場合は仲直りをしたり、冷静になって相手を許そうと思えるものです。しかし「さすがにここは許せない」という自分のラインを越えてしまうと、根本的に夫を嫌いになり修復不能になってしまい離婚に至るのです。

結婚をする前に相手の男性を夫として嫌いになることがないかをチェックしておくことは重要です。そこで、離婚を決めるポイントになりそうな夫の嫌いなところの代表例を7つお伝えします。

 

夫が嫌い!
離婚を決める7つのポイント

 

夫の浮気

付き合っている時も結婚してからも夫が大好きという人が突如、夫が嫌いになってしまうケースでよくあるのが夫の浮気です。これまで自分に対してだけ愛情を注いでくれていたと信じていた夫が、他の女性にも同じように接していたのかと思うと生理的に受け付けなくなってしまいます。

「裏切られた」という怒りはもちろんですが、男性としてもう愛せないという気持ちになってしまう女性が多いですから、浮気をしそうな男性との結婚は慎重に考えなくてはいけません。

 

家事は妻任せ

付き合っている時は優しかったのに結婚したら「家事は女の仕事」と思い込んで家事と育児を完全に妻任せにする男性がいます。女性が仕事をしていない専業主婦であれば、まだ割り切ることができるかもしれませんが、妻も仕事をしている場合には我慢しきれず夫を嫌いになってしまいます。

昭和の時代は女性は家事、男性は仕事という役割分担が当たり前だっただけに、そんな家庭に育った男性はそれが常識だと考えがちなので注意が必要です。

 

束縛が強い

付き合って間もない時は嫉妬をされると「愛されているな」と感じて嬉しく感じていても、結婚した後も外出する時には誰とどこで会うのかを逐一聞いてきたり、異性の話がでるだけで不機嫌になって相手との関係を疑ってくるなど束縛が激しいとストレスがたまりますよね。

これが毎日同じ家で住んでいる夫からチェックをされると、積み重なって夫を嫌いになることも大いにあり得ます。精神的に参ってしまうと離婚して一刻も早く解放されたいという気持ちになるのです。

 

浪費が激しい

夫が家計のやりくりをしている家庭では、夫の給料がいくらなのか妻が把握していないケースが多くあります。それでも夫がしっかりと家計費をだしてくれて貯蓄も計画的にしてくれていれば安心ですが、そうでないことがわかると一気に夫への信頼が崩れ、夫を嫌いになってしまいます

例えば、クレジットカードやローン返済の督促状が届いた時、家計の口座を引き落とし口座にしていた場合は、貯蓄がゼロになるまで何に浪費したんだろうと不信感でいっぱいになりますから、これが離婚の原因になるのです。

 

妻の味方をしない

普段は優しくて自分の味方をしてくれるのに、姑や夫の姉など、自分の家族と妻が対立する構図になった時に妻の味方をしてくれないと妻は夫を嫌いになります。結婚相手というものは生涯のパートナーのはずなのに、いざという時には自分を裏切るのだと思ってしまうためです。

いくら普段優しくても姑や小姑の肩を持って妻をないがしろにする男性とは結婚生活がうまくいかないケースが多いのです。

 

夫の失業

夫婦共働き世帯の夫婦の間で離婚の原因となることの一つが夫の失業があります。失業する事自体は問題ではありませんが、失業したにも関わらず妻の収入があるからと、夫がなかなか再就職をしないと関係性が一気に悪くなるのです。

困ったときはお互い助け合いたいと思っている女性でも、夫の方に努力の姿勢が全くみられないと将来が不安になり、夫を嫌いになって離婚したいと思ってしまうのです。

 

子供を作るか問題

夫婦がうまくいくには価値観があうことが重要なポイントになります。その価値観の中で夫婦間ならではの問題が子供を作るか作らないかです。妻の方が子供が欲しいにも関わらず、夫が「子供なんていらない」と協力的でないと、妻はその姿勢に対して夫を嫌いになってしまいます。

子供が欲しいという自分の願いをまったく聞き入れてくれないような男性が、果たして夫としてふさわしいのかと疑問をもってしまうのです。そのため、子供の問題は結婚前によく話し合っておくことが大切です。

 

如何でしたでしょうか。夫が嫌いになるにはそれなりの理由があります。加齢臭がするとか、剥げてきたなど、表面的な理由で夫が嫌いと言っているうちはまだ深刻ではなく離婚にまで至ることは多くありません。しかし、相手の言葉や行動に深く傷つけられるようなことがあると、夫が嫌いという気持ちはゆるぎないものになります。

嫌いな人と同じ空間で長時間過ごすのは苦痛ですし、精神衛生上よくありませんよね。これが同居している夫婦間で起こるのですから、離婚という選択肢を免れることは相当難しくなります。

今回お伝えした夫を嫌いになるきっかけの中には、結婚後の夫の変化のせいというものもありますが、もともとの価値観や考え方によるものが大半です。離婚をしないためには、夫選びをする段階で、離婚の原因になるような男性かどうかをよく考えることが大切なのです。

まとめ

離婚のきっかけになる夫の嫌いな所とは

・浮気が発覚して生理的に受け付けなくなった
・家事と育児を完全に妻任せにして関係性が最悪に
・束縛がストレスになって愛情と思えなくなった
・給料を家計に入れてくれず借金の督促が来た
・姑の肩ばかりを持って妻の味方をしてくれない
・失業したのに再就職せず貯金が底をついた
・子供が欲しいのに「いらない」と言われた



では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。



連記事

コメントをお書きください

www.uniti.ua

www.diploma-home.com

Был найден мной авторитетный веб сайт с информацией про Копирайтер seotexts.com