離婚の理由で、熟年夫婦に多い7つの原因

離婚の理由で、熟年夫婦に多い7つの原因
離婚の理由は夫婦によって異なりますが、熟年夫婦の離婚の理由には特徴があります。熟年夫婦が離婚をすると周囲からは「何十年も連れ添ったのに今更なぜ」と言われることが多いですよね。しかし、熟年夫婦が離婚の決断をするのは簡単な理由ではありません。

離婚をするにはお金もエネルギーもいります。2人で住んでいる家を離れて引越しをするにはまとまったお金が必要ですし、慰謝料や財産分与などで夫婦の意見が合わなければ離婚調停をしなくてはいけませんから、それなりの覚悟が必要です。

しかし、熟年夫婦の離婚の件数は年々増加しています。それは熟年夫婦ならではの離婚の理由があるからなのです。そこで今回は、熟年夫婦に多い離婚の理由を7つお伝えします。

夫が1日中家にいるから

熟年夫婦の離婚の理由で多いのは夫が仕事を定年退職してから1日中家にいるようになって、妻が耐えられなくなったからというものです。とくに専業主婦をしてきた妻にとっては、家事や買い物などはあるにしても、平日の日中は夫がいない自分の自由時間だったのです。

それが急に毎日夫がずっといるということになり、昼食の準備もしなければいけないとなると、大きなストレスになりますから、精神的な負担から離婚という決断に至ってしまうのです。

 

相性が悪いことに気づいた

何十年も夫婦を続けられるということは、当然性格の相性もよいのだろうと思われがちですが、夫が仕事で忙しく、夫婦で過ごす時間があまりなかったために相性が合わないということにも気づかなかったというケースもあります。

2人で過ごす時間が増えて初めて、会話がまったく続かなかったり、一緒にいても楽しくないということに気づていしまい、死ぬまでこの人と一緒でよいのかという疑問が離婚の理由になるのです。

 

親の介護や同居問題

それまで夫婦関係がうまくいっていたのに関係が崩れてしまうきっかけになりうるのが義理の親の介護問題や同居問題です。50代、60代になるとお互いの親の年齢は80代、90代です。病気になったりケガをして介護が必要になることもあります。

夫がリタイアしてやっと2人でゆっくり過ごせると思っていたのに、義理の親の介護の世話や同居の問題が生じて夫婦関係が悪くなり、熟年夫婦の離婚の理由になってしまうのです。

 

子供がいなくなった

仲の良い家族だったはずなのに、熟年になって急に夫婦が離婚してしまう理由として多いのが子供の独立です。子供がいることで夫婦の間の会話のネタがあったり、週末のイベントが充実していた夫婦でも、子供が進学や就職などで独立してしまうと関係性が崩れてしまいます。

子供がいなくなったことによって夫婦の会話がなくなり、週末の外出の予定もなくなり、お互い一緒にいる意味がわからなくなってしまうのです。

 

年金暮らしになったから

夫婦ともに定年退職をした後、お互いに再就職をしなければ家計の収入は年金だけになります。現役時代に収入が多かった夫婦ほど、年金で暮らすことにはストレスを感じやすくなります

旅行や外食など今まで通りの生活ができなくなることにストレスを感じたり、限られた収入の中で節約生活をしているのに夫婦のどちらか一方が浪費をしてしまい、それが夫婦喧嘩の原因になったりして、夫婦関係は悪くなり、離婚の理由になる可能性が高くなるのです。

 

価値観のズレ

夫婦二人の時間が増えたからと、お互いが会社に勤めていた時にはいけなかった旅行や遠出に行くことってありますよね。しかし、24時間2人きりで過ごしてみて初めて価値観が合わないということに気づくことがあります。

ホテルを決めるときに一方が高級旅館がよいと思っているのに、一方は宿泊費は抑えて食事にお金をかけたいと思ったり、また、日常生活においても娯楽にかける金額や洋服・美容代にかける金額がお互い理解できないということに気づいてしまうのです。

価値観が合わない相手とずっと一緒に過ごすのは苦痛です。生活費は二人共通のものですから、とくに金銭感覚の面で共感し合えないと喧嘩が絶えなくなり、離婚の理由にまで発展してしまうのです。

 

さて、熟年夫婦の離婚の理由の多くは、年齢を重ねて生活スタイルが大きく変化したことによるものが多くあります。その中でも最も多い生活スタイルの変化が、夫の定年退職です。夫が定年退職をするまでは、二人の生活の時間はほとんど別々だったため、お互い自分がやりやすいように生活をしてきました。

しかし、夫が定年退職をすると、基本的に自宅にいる時間が大きく増加します。これまで一人でやりやすいようにしてきた生活スタイルを変えなければいけないということだけでもストレスがかかることですから、離婚の理由には十分なのです。

さらに、今回お伝えしたように、2人の時間が増えたことで初めて気づくことも多くあります。金銭感覚や価値観のずれ、また、相性がそもそも合わないということに気づく夫婦もいるのです。このような熟年夫婦の離婚の理由を踏まえて、日頃から2人の時間をなるべくとっておき慣れておくということが熟年離婚を防ぐ方法の一つです。

まとめ

熟年夫婦ならではの離婚の理由とは

・1日中家に夫がいることに妻が耐えられない
・実は性格の相性が合わないことに気づいた
・義理の親の介護問題や同居問題が嫌になった
・子供が成長して家に夫婦二人きりになった
・年金暮らしになって節約生活がストレス
・2人の時間が増えて価値観のズレが生じた



ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたの誕生日や血液型をもとに導き出されるが大好評です!今ならプロの鑑定師が1000文字以上の鑑定結果として『全員0円』でプレゼント中です。



連記事

コメントをお書きください

www.alfaakb.com

tsoydesign.com.ua

Клиника Миттельбаден Германия