離婚原因が「性格の不一致」で別れる時の手続きとは

離婚原因が「性格の不一致」で別れる時の手続きとは
離婚の原因が「性格の不一致」だというのは芸能人の離婚のニュースなどでよく耳にしますよね。違う環境で育ち、それぞれに異なる価値観を持った人間同士が結婚をして夫婦になると多少なりとも性格や考え方に違いがあるのは自然なことですが、それがひどい場合には一緒に暮らすのが精神的に苦痛になるということもあります。

しかし、なんとなくただ性格が合わない気がするというだけでは離婚の原因とは法的には認められません。どちらかが離婚したいという意思があっても、もう一方が離婚したくないと主張したら、法的にその離婚の原因が認められにくいのです。

それでも、仕事や趣味と違って夫婦というものは生涯続くものですから、性格が合わない状態はつらいものです。そこで、離婚の原因が「性格の不一致」である場合の手続きのポイントをお伝えします。

協議離婚を試みる

離婚の原因が性格の不一致である場合、まず試みるべきは話し合いです。協議の結果、相手が離婚をしてもいいと承諾をしてくれさえすれば、面倒なことはなく、離婚届を提出して離婚は成立するのです。

しかし、重要なのは相手がどのような反応をするか、話し合う前に想定しておくことです。相手が逆上したり断固拒否しそうだなと思う場合には、いきなり離婚の話をすると返ってこじれる場合がありますから、作戦は変わってきます。

 

相手の非を探す

協議離婚は難しそうだなと事前にわかっている場合には、離婚の原因をもう少し深堀しましょう。なんとなく「合わない」とか「考え方が違う」と思っていることでも、改めて振り返って具体化すると相手に非がある場合もあります。

例えば、自分の発言をすべて否定されたりバカにするような暴言を浴びせられるなどの場合にはモラハラになる可能性もあります。このように相手に非があることが証明できれば、離婚原因としては、ただの「性格の不一致」よりも認められやすくなるのです。

 

婚姻関係の破綻

相手に非がある以前に、夫婦関係がすでに破綻している場合にも離婚は認められることが多くあります。例えば、一緒に住んでいるものの、夫婦間に会話がなく家庭内別居状態である場合や、夫が他に家を借りていて、ほとんど別居状態だという場合には、その事実自体が離婚原因として成立する可能性があります。

住む家を分けたり、無視をされたり、避けられるなど、相手から態度で拒絶をされ続ければ、精神的に大きなストレスを受けますよね。これは性格の不一致ではなく、婚姻関係の破綻に該当するのです。

 

証拠の準備

自分では離婚原因が「性格の不一致」だと考えていたことが、よくよく振り返ってみると、相手に非があることに気づいたり、婚姻関係の破綻だったという場合には、離婚調停に進むことになります。

この時に重要となるのが証拠です。自分がいくら相手の非を主張しても相手に事実を否定されたら意味がありません。そこで、相手に非があることを示す証拠や婚姻関係が破綻していることを示す証拠を準備するのです。具体的には弁護士に相談して証拠になりうるものを調べておくと確実です。

 

慰謝料は難しい

離婚原因が性格の不一致である場合にも、相手から慰謝料を受け取りたいと考える人はいますよね。人は自分の考え方や価値観が基準になりがちですから、配偶者がそれに合わないということは相手が悪いんだと考えてしまいます。

しかし、人の考え方や価値観はそれぞれあるものです。そのため、「性格の不一致」だけで慰謝料を受け取るのは難しいことだと考えましょう。相手に不貞行為や暴力、モラハラなどの非がある場合には慰謝料請求をすることも可能ですが、金額は相手の収入に応じた額になります。

 

財産分与と親権者

協議離婚がダメなら調停、調停でも納得できなければ、審判、裁判という風に進んでいきますが、最終的に離婚をすることに決まったら、財産分与と子供がいる場合には親権者、養育費について決めていきます。

自分から離婚したいと言ったからといって、財産分与や親権について不利になるということはありません。また、一般的には離婚原因に関わらず、夫婦で築いた財産は等分で分与になりますし、親権者は子供を養育するのにふさわしいとされる方がなるものです。

 

さて、離婚原因が「性格の不一致」と一言でいっても、掘り下げていくと相手に非があったり、すでに婚姻関係が破綻しているケースは多くあります。夫婦でずっと一緒に過ごしていると客観的に夫婦関係や夫婦のパワーバランスを見ることができなくなりがちですが、冷静になってみると見えてくることが多々あります。

今まで当然だと思っていたことでも実は夫からモラハラを受けていたり、妻として見てもらえていなかったり、ということは離婚原因としては十分な事実です。まずは、相手に離婚を申し出て受け入れてもらえそうかを考え、難しそうなら離婚に向けた準備をする、というステップを踏みます。

芸能人の離婚原因が「性格の不一致」だと報道されることが多いため、「性格の不一致」でも離婚ができるのだと思われがちですが、なんとなくの主張は認められないことが多いですから注意しましょう。

まとめ

離婚原因が「性格の不一致」で別れる時の手続きとは

・まずは話し合いをして協議離婚を試みる
・相手に非があるかどうかを改めて振り返る
・婚姻関係が破綻している状態を具体化する
・弁護士に相談して証拠となる事を見つけ出す
・慰謝料支払いは相手に非がなければ難しい
・離婚が決まったら財産分与と親権者を決める

連記事

コメントをお書きください

www.tmtravel.com.ua

Узнайте про полезный web-сайт со статьями про www.agroxy.com.
cialis-viagra.com.ua