イライラしやすいなと感じたら試す5つのリラックス術

イライラしやすいなと感じたら試す5つのリラックス術
イライラしやすいときって何をやってもうまくいかないものですよね。イライラしやすいときに仕事や家事をやろうとするとかえってストレスがたまったり「どうしてイライラしているときに限って」というような失敗が立て続けに起こってしまうもの。

こんなときは苛立ちが怒りがヒステリーに変わる前にいったん仕事や家事の手を止めて、頭や体を休めるのがおすすめです。頭や体を休めることでそれ以上ストレスがたまるのを防ぐことができますし、気持ちを新たに仕事や家事をスタートさせることができますよ。

ということで、今回はイライラしやすいなと感じたら試す5つのリラックス術をお伝えします。苛立ちやストレスからの気分転換が苦手な方、ぜひ参考にしてください。

深呼吸をすること

朝起きたときからイライラしやすい日に限ってうまくいかないことが多いですよね。ちょっとした失敗が続いたり、約束をドタキャンされたり、自分の思い通りに物事が進まない度に「イラっ」としてしまいますが、こんなときはいったん仕事や家事の手を止めてみましょう。

そして目を閉じ肩から力を抜いて「ふうっ」と深呼吸!深呼吸をすることでそれまでの苛立ちが静まって、スッキリした気持ちになることができますよ。一度の深呼吸で気分転換ができないときは、苛立ちがおさまるまで深呼吸を繰り返してみましょう。

 

おやつタイムをとること

イライラしやすいのは脳みそがエネルギー切れを起こしているからかもしれません。「些細なことでいらっとする」「無性に苛立つ」というのは脳みそのエネルギー切れのサイン!糖質を摂取しましょう。

糖質の入った甘いお菓子や飲み物を飲むのがおすすめです。このとき、短気やストレスにまかせて甘いお菓子を口に詰め込んだのではうまくリラックスすることはできません。

仕事の手を休め、おやつタイムや休憩をとってから、ゆっくりお菓子を食べてくださいね。おやつタイムに食べ過ぎると今度は仕事を再開したときに眠くなってしまいます。おやつタイムには飴やチョコレート、グミなど、お腹にたまらないお菓子がおすすめです。

 

体を動かして気分転換をすること

何時間も座りっぱなしで仕事に集中したり、煮詰まったりしたときにはイライラしやすいですよね。こんなときはいったんデスクから離れ、体を動かしてみましょう。外を歩いたり走ったり、あるいは窓から外を眺めながら軽い体操をするだけでもよいです。

体を動かすことで脳みそがリラックスすることができます。また、体を動かすと全身の血行がよくなるので、肩・首のコリや筋肉の疲労が解消され体もリフレッシュ!脳みそや体がすっきりした状態で仕事を再開することができますよ。

 

お昼寝をしてみること

イライラしやすいのは睡眠不足が原因かもしれません。昼食後にお昼寝タイムをとり、お昼寝をしてみましょう。お昼寝をすることで脳みそは休息をとることができ、リラックスすることができます。また、お昼寝は気持ちの切り替えが苦手な方にもおすすめです。

午前中に嫌なことがあったとき、そのストレスやもやもやを抱えたまま午後からの仕事を始めると、イライラしやすいですよね。こんなときは、数分間でよいので午後の仕事を始める前に目を閉じて頭を真っ白にしてみましょう。

お昼寝をしたり目を閉じることで、脳みそをリセットすることができるので、午前中の嫌なことを引きずらず午後からの仕事をスタートさせることができますよ。

 

イライラを思いっきり発散してみること

イライラやもやもや、ストレスはため込めばため込むほどイライラしやすくなります。こんなときはお腹にため込んだもやもややストレスを全部吐き出すのが一番!吐き出すことで気持ちはすっきりします。

ストレスの発散方法は色々あるので、自分に合った方法で発散してみてください。このときの注意点は「中途半端な発散をしないこと」、全部吐き出すことが大切です。

発散した後にお腹にもやもやが残るということがないように、思いっきり発散してくださいね。また、ストレス解消方法の中でもなるべくなら「自分自身を傷つけない方法」を選ぶのがおすすめです。

発散した後、今度は自己嫌悪に陥らなきゃいけないという発散方法ではなく、「発散した後は気持ちがすっきり!今夜はぐっすり眠れるぞ」というな発散方法を探してみましょう。

 

以上がイライラしやすいなと感じたら試す5つのリラックス術でした。イライラしやすいときには脳みそや体の疲労をとり、気分転換をすることでストレスを取り除きましょう。

深呼吸をしたり、おやつタイムやお昼寝タイムをとるのがおすすめです。おやつでは糖質を含む甘いお菓子や飲み物で脳みそにエネルギーを補給してくださいね。お昼寝タイムは睡眠不足を解消するだけでなく、気持ちの切り替えをするという効果もあります。

気持ちの切り替えが苦手な方は午後の仕事や家事を始める前に、数分でよいので目を閉じてみてください。また、体を動かすのも気分転換やリラックスに効果的です。

ストレスやもやもやがたまったときには、いったん全部のストレスを発散させてみてください。お腹にため込んだストレスを全部吐き出すことでストレスを取り除き、リラックスすることができます。

まとめ

イライラしやすいとき試すリラックスの仕方とは

・ 深呼吸をすること
・ おやつタイムをとること
・ 体を動かして気分転換をすること
・ お昼寝をしてみること
・ イライラを思いっきり発散してみること

連記事

コメントをお書きください

Нашел в интернете классный портал на тематику покупка ценных бумаг .
Узнайте про классный веб портал с информацией про www.alfaakb.com.
https://www.avtokum.com