好きなことや趣味がない人に共通する7つの特徴

好きなことや趣味がない人に共通する7つの特徴
趣味がない人と好きな事や趣味がある人では、人生の充実度が大きく異なりますよね。好きな事や趣味がある人は仕事で嫌なことがあったりストレスが溜まっても、休日や仕事後のプライベートの時間を充実させることで気持ちの切り替えをすることができます。

しかし、好きな事や趣味がない人は、仕事でストレスが溜まっても、仕事後や休日にそのストレスやモヤモヤした気持ちをそのまま引きずってしまい、また仕事が始まるためリフレッシュする機会があまりありませんから、趣味があってストレス発散している人と比較して精神状態はあまりよくない傾向にあるのです。

趣味がない人には趣味を作ることができないそれなりの理由があります。そこで今回は、趣味がない人に共通する7つの特徴をお伝えします。

損得勘定で考える

趣味がない人は何かをする時に「自分にとって得になる事かどうか」を考えてしまう傾向にあります。例えば、テニスをするとなった場合、「テニスをやったとしてもそれでプロになれるわけではないし、時間を使って疲れるだけだ。運動をするならもっと効率的にできる運動にしよう」という風に考えてしまうのです。

趣味というのは自分に得になるかどうかではなく、純粋に「楽しい」と思えることでないとしようという気持ちにはなれませんから、損得勘定で考える人は趣味を作りにくいのです。

 

完璧主義者

何事も完璧にできないといけないと考えてしまう人は、自分が経験をしたことがない事にチャンレンジすることが苦手です。「もしやってみて失敗したらいやだな」とか「自分には向かなかったら楽しめないかも」と、新しい事を始める時に不安になりがちなのです。

小さい頃から親に「〇〇はよくできる子だね」などと褒められて育ってきた人は特に、失敗することに対して不安を感じやすいですから、趣味がない人になってしまうことが多いのです。

 

余裕がない

やりがいがある仕事があるのはよいことです。しかし、体調を壊すくらい仕事をしすぎてしまうと、時間的にも精神的にも余裕がなくなってしまい、趣味がない人になってしまいます

趣味は心に余裕がないとできないことです。金銭的にも精神的にも心に余裕がなければ、わざわざ時間を費やして収入が入ってくるわけでもない趣味に時間を割く気にはなれないのです。

 

人見知り

趣味がない人に多い特徴として「人見知り」というのがあります。本当は新しい趣味を始めてみたいという気持ちがあっても、いざ始める段になると、知らない人がいる場にでるのが苦痛で勇気が出ないのです。

料理教室や英会話、テニススクールなど、趣味を始めるには新しい出会いを経ないといけません。たった一人でできる趣味は少ないので、人見知りの人は趣味を作りにくいのです。

 

友達が少ない

趣味がある人には、友達に進められたのがきっかけだというケースが多くあります。自分では思いつきもしなかったことでも、人から進められてなんとなく始めてみたら意外とはまってしまうということは多いのです。

一方、友達が少ない人は、新しい事を友達から勧められること自体がありませんから、趣味がない人になりやすい傾向にあります。自分が知っている世界というのは狭いものです。誰かに自分が知らない事を紹介してもらうことも大切なのです。

 

飽きっぽい

趣味がない人といっても、元々趣味がまったくないという人ばかりではありません。何か新しいことを始めてみるものの、趣味と言えるほど続けることができずに飽きてやめてしまうという人もいます。

熱しやすく冷めやすいとか、なんでもすぐに飽きてしまうという人も趣味がない人になってしまいます。新しい事をすると、しばらくして熱が冷めることがあるかもしれませんが、続けているとある時さらに楽しいと思える時もやってくるものです。

 

冷静沈着

冷静沈着で物事を達観している人は好奇心を持つことがあまりありません。そのため、趣味がない人になります。例えば、スイーツを食べ歩くのが趣味という人がいるとします。しかし、冷静沈着な人からすれば「スイーツを食べすぎると太るし健康に悪い」と考えてしまいます。

このように物事を達観している人は、純粋に好きだと思えることや趣味を作ることに興味がないのです。しかし、何事も冷静に考えてしまっていては人生を楽しむことはできません。

 

さて、好きなことや趣味がない人は別に否定されるべきではありません。考え方や価値観は人それぞれですから、無理をして趣味を持つ必要はないでしょう。自分が趣味を持つことに意味がないと思うのであればそれでよいですし、周囲の人はそのような趣味がないタイプの人に趣味を無理強いするのは良くありません。

しかし、趣味がないためにストレスが溜まってしまったり、リフレッシュすることができないのであれば、純粋に楽しいと思える事を見つけるのもよいものです。新しい事を始めるきっかけがあれば、興味がなくても一度試してみましょう。

実際にやってみたら楽しいと思えるかもしれませんし、趣味になるかもしれません。自分は趣味がない人だと最初から決めつけずに思い切って新しいことを始めてみれば、人生が変わってくるでしょう。

まとめ

趣味がない人の共通する特徴とは

・何事も自分の損得勘定で行動するかを決める
・完璧主義者ゆえに新しいことを始められない
・仕事が忙しくて趣味をする程心に余裕がない
・人見知りで新しい人と出会うのが不安になる
・友達が少なく趣味を始めるきっかけがない
・飽きっぽくて辛いとすぐに諦めてしまう
・冷静沈着で物事を達観していて好奇心がない

連記事

コメントをお書きください

www.iwashka.com.ua

www.medicaments-24.com/levitra-vardenafil/levitra-40-mg/

webterra.com.ua