睡眠導入剤を使った時の副作用とは

睡眠導入剤を使った時の副作用とは
どうしても眠れないときは、睡眠導入剤に頼られている方も多いですよね。睡眠導入剤は不眠症や睡眠が必要な時に使われる薬物であり、睡眠薬や眠剤、催眠薬とも呼ばれています。

このような睡眠導入剤を使用すると、寝る際に生じる緊張や不安を抑え、入眠を良くする効果があります。「どうしても眠れないが、なんとしても寝たい」という時には、心強い味方になってくれますよね。今では、市販の薬でも睡眠導入剤は多く見られます。より良い入眠にはもってこいの薬ですが、されども薬は薬、副作用もあるのが現実です。

睡眠導入剤の副作用なんて、ちゃんと知らない方も多いのではないでしょうか。睡眠導入剤を使用するのであれば、副作用もしっかりと理解しておきましょう。寝れないからと服用しすぎて、予期せぬ結果になってからでは遅いですからね。そこで今回は、睡眠導入剤を使った時の副作用とはについてお伝えします。

 

睡眠導入剤を使った時の
副作用とは

 

持ち越し効果

睡眠導入剤の副作用として一番に挙げられるのが、持ち越し効果です。持ち越しとは、前日の夜に服用した睡眠導入剤の効果が翌朝まで体内に残ってしまうことを意味します。

そのせいで、朝起きてからの体のだるさや日中の眠気、ふらつき、頭痛などを引き起こしてしまいます。これは、睡眠導入剤の作用時間が長いものを服用した際によく見られます。

薬によって作用時間が異なりますので、指定された服用時間をしっかり守ることが、持ち越し効果を引き起こさない最善の方法と言えるでしょう。

 

記憶障害

睡眠導入剤では記憶障害も引き起こすことがあります。これは、睡眠導入剤を飲んだあとの記憶がなくなってしまう状態です。服用後の会話やメールを覚えていないことがあれば、副作用による記憶障害(健忘)が原因と言えるでしょう。

服用後の言動や行動を忘れてしまうようなケースが多く、今まで覚えていたことを忘れてしまう、いわば「記憶喪失」のようなものとは症例が異なります。服用前の大切なことを忘れるといったようなことは起こりません。

ですが、服用後の記憶がなくなってしまうのは心配ですので、もし服用するならすぐに寝ることを心がけましょう。

 

依存性

睡眠導入剤を使用して寝る生活を続けてしまうと、睡眠導入剤を服用しないと眠ることができない体質になってしまいます。そして使用するごとに体に耐性がついていき、効果が薄れることに不安を感じて量も多くなっていきます。

こうなってしまえば、ある種の薬物依存と同じ状態になってしまい、私生活にも影響がでてきます。薬による依存度の強弱はありますが、それが薬である以上、依存症が発生する確率はゼロではありません。

睡眠導入剤は生活の一部ではなく、より良い生活を送るための補助だということを覚えておきましょう。

 

筋弛緩作用

睡眠導入剤の副作用は、筋肉の働きにも影響を与えます。それがこの筋弛緩作用です。筋弛緩作用とは、身体の筋肉に力が入りにくくなる状態を表します。筋肉の緊張をほぐし入眠しやすくするため、どの睡眠導入剤にもほぼ含まれています。

そのため、いつもは当たり前のようにしている動作、例えば起き上がって立つなどの時に、しっかりと筋肉に力が入りずらいためふらつきや転倒につながってしまいます。

先程の持ち越し効果があれば、さらに筋弛緩作用を引き起こしやすいので注意が必要です。

 

反跳性不眠

反跳性不眠とは、今まで使用していた睡眠導入剤をいきなりやめてしまうと、その反動により身体が驚いてしまい、今までよりさらに強い不眠を引き起こしてしまう現象です。このような現象が依存しやすくなる一端でもあります。

不眠が治りかけで、この症状が出てしまうと「不眠が治っていない」と考えがちです。ですが、それは不眠症が治っていないのではなくこの反跳性不眠が発生してしまったことも大いに考えられます。

急な服用の中断で引き起こしやすいので、減薬をする際はいきなり減らすのではなく、徐々に減らしていきましょう。

 

いかかでしたか。睡眠導入剤を服用する際には、これらの副作用はしっかり理解しておきたいですよね。現代社会はストレス社会とまで言われてしまい、それが睡眠に影響されている方も多いかもしれません。

寝不足による次の日の影響がわかっているからこそ、焦ってしまうんですよね。だからこそ、ついつい睡眠導入剤に手がでてしまいます。睡眠導入剤を服用していることは全く悪いことではありません。

自分のことを良く分かって対策をされているのですから。ですが何度も申し上げている通り、睡眠導入剤はあくまでも薬であり、用法や容量を無視してしまうと取り返しのつかない事件や事故を引き起こすことも考えられます。

睡眠導入剤はあくまでも、あなたの生活を助ける補助の役目のものです。そのことを前提として、睡眠導入剤とうまく付き合っていきましょう。

まとめ

睡眠導入剤による副作用は

・持ち越し効果
・記憶障害
・依存性
・筋弛緩作用
・反跳性不眠



では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。




連記事

コメントをお書きください

cheap coolers

また、読み

iwashka.com.ua