悪い食べ合わせを避けて、胃もたれを解消するには

悪い食べ合わせを避けて、胃もたれを解消するには
食べ合わせは食養生にとって大切なチェックポイントですよね。特に、頻繁に胃の不調を訴える人にとって、食べ合わせを知っておくことは大切なこと。消化不良は痩せている人にも太目の人にも悪影響を与えますので、継続的に胃もたれを感じる人は、悪い食べ合わせを避けることが何よりも大事です。

ご存知のように、食物には個々に栄養素が含まれていますが、食物同士の組み合わせによって、栄養素の効果が数倍にアップすることもあれば、効果がマイナスになることもあるのです。より効果的に摂取するためには、何と何が相性がよくて、何と何が悪いかという点をしっかり把握しておきましょう。

ということで今回は、悪い食べ合わせを避けて胃もたれを解消するための正しい食べ方をお届けします。

 

悪い食べ合わせを避けて、
胃もたれを解消するには

 

果物の食べ合わせに気をつける!

まずは、果物です。果物は食べ合わせが難しい食材だと言われています。果物は健康のために有益な食材、日々の食生活にどんどん取り入れましょうと、学校でも推奨されていることは皆さんご存知ですよね。確かに、果物は健康に有効な食材ですが、食べ方によっては両刃の剣となるものなんです。

というのは、果物は主食となる穀類や副食となる肉類、魚類、鶏卵、牛乳およびチーズなどの乳製品と比べて、消化されるまでの時間が短いのですね。主食類や副食類は消化するまでに半日から一日を要するのに対して、果物は一時間程度で消化されるのです。

そのため、主食類、副食類と一緒に果物を摂取すると、消化されるはずの果物まで他の食材と一緒に胃腸内に残留することになり、ガスや毒素が溜まったり、胃酸が逆流したりします。これが胃もたれの原因になるのです。

特に良くないのが、柿、梨、葡萄といった食物繊維の豊富でタンニンが多く含まれている果物です。タンニンは消化を邪魔する働きがありますので、胃腸の働きが弱っているときはできるだけ避けましょう。

また、苺やキウイのように食用部分に種があるものも消化されにくいので、主食、副食類と一緒に摂取するのはよくありません。パイナップルも、食物繊維が多い上、酸味が強いので夕食後などに摂ると消化を妨げます。これらの果物は午前中に単独で摂取するのがお勧めです。

 

野菜の食べ合わせで気をつけるのはこれ!

野菜は健康食の代表というイメージですが、やはり食べ合わせによっては消化を阻害し、胃もたれの原因になります。正しい食べ合わせを知って、健康的に栄養を取り入れましょう。

悪い食べ合わせとして有名なのが、大根&しらす、つまり、しらすおろしです。大根がしらすの含有するリジンというアミノ酸の吸収を妨害して、胃もたれの原因になるのです。しらすおろしというと、秋の味覚秋刀魚に添えたら最高ですが、脂ののった秋刀魚との組み合わせはさらに凶。食べるときは単独でいただきましょう。

一方、大根に含まれるビタミンCを破壊するのが人参やキュウリに含有されるアスコルビナーゼ。生食だと大根のビタミンCが吸収されず胃もたれや胃酸の逆流を招きますので、加熱したり、酸を加えたりしてビタミンの破壊を抑えましょう。

大根と人参なら酸を加えて紅白なますのような酢の物にするか、煮物にするのがお勧めです。大根とキュウリも同様です。大根同様ビタミンCの豊富なトマトも人参やキュウリと一緒に摂ると消化が悪くなるので、食べるなら別々にするか、加熱するかにしましょう。

カルシウムの豊富な海藻類と葱との食べ合わせも消化の点ではNGとなります。葱に含まれるリンがカルシウムの消化吸収を阻害してしまいますので、お吸い物やお味噌汁の具としてよく組み合わされる葱とワカメなども避けましょう。

 

肉や魚の食べ合わせは?

主食となる肉類や魚類にも食べ合わせの悪い組み合わせがあります。秋の味覚の王様秋刀魚と日本食の代表漬物は消化の上では最悪の食べ合わせと言われています。

これは秋刀魚を焼いた際にたんぱく質から変質するジルチルアミンが漬物に含有される亜硝酸塩と融合してニトロソアミンという発がん物質を発生させるせいです。ニトロソアミンはビタミンCを豊富に含むレモン、スダチなどのかんきつ類を加えることできますので、秋刀魚を焼く際にはビタミンCを忘れずに。漬物は控えめにしましょう。

一方、そのレモンと相性が悪いのが、日本人の大好きな海老。海老には銅が含まれていますので、これがレモンのビタミンCを酸化させてしまうのです。海老の銅によって酸化されたビタミンCは胃腸内で毒素を発生させ、消化を妨げてしまいます。エビフライや唐揚げなど、油を使う料理は特に消化が悪いので、レモンを絞るのはやめましょう。

また、漬物に含有される亜硝酸塩はベーコンやソーセージにも含まれていますので、これらの加工食品と硝酸の多く含まれるほうれん草などの葉物野菜との食べ合わせも良くないとされます。特に、忘年会や新年会のシーズンなど、外食の増える時期は脂っこいものと消化の悪いものとの食べ合わせは避けるようにしましょう!

 

正しい食べ合わせを知ることは、消化を助ける第一歩。悪い食べ合わせを知って、食生活を改善していきましょう。

果物の食べ合わせでは、主食類、副食類との組み合わせが大事です。消化時間の短い果物を主食や副食と同時にとると、果物が胃腸内に滞留して胃もたれを発症します。特に、柿、梨、葡萄といった食物繊維の豊富な果物に注意が必要です。

野菜で気をつけたいのが、葱と海藻、大根としらすといった一見相性の良さそうな組み合わせ。しらすおろは大根がしらすの含有するリジンを妨害して、胃もたれの原因になります。大根と人参やキュウリとの食べ合わせも良くありません。

主食となる肉類や魚類では、秋の味覚の王様秋刀魚と漬物、レモンと海老の組み合わせが要注意。せっかく食べるなら、美味しくて身体に優しい食べ合わせを選びましょう!

まとめ

胃もたれを解消するには

・果物の食べ合わせ
・野菜の食べ合わせ
・肉類、魚介類の食べ合わせ
に気をつけましょう!



連記事

コメントをお書きください

www.best-cooler.reviews

www.220km.com/category/aral_mq/

nadex demo