上司が納得する企画書の書き方と構成の煉り方を伝授!

上司が納得する企画書の書き方と構成の煉り方を伝授!
新人社員にとって企画書を構成するのは難しいものですよね。企画書はプロジェクトなどの内容をクライアントやスポンサーなどに伝えるための「武器」です。この武器が冴え渡っているか鈍っているかに、プロジェクトが通るかどうかの命運がかかっています。

せっかく企画や商品がよくても、的確に企画内容を伝えなければ、プロジェクトは陽の眼をみないのです。そういう意味では、企画書がプロジェクトの命を左右するといっても過言ではないほど。

上手な企画書を書ける部下は上司にとって何よりも有難い存在なのです。逆にいえば、企画書の構成もしらないようでは、上司の覚えもめでたくないということになってしまいます。

ということで今回は、上司が納得してくれるような企画書の書き方と構成の練り方をお伝えします!

[ 詳細はこちら… ]

企画書は構成で決まる!できる人とできない人の3つの違い

企画書は構成で決まる!できる人とできない人の3つの違い
企画書は構成が大切だと聞いた事ありますよね。提案する相手にわかりやすく、且つ納得してもらえる企画書を作成するためには、まずは「読ませる構成」が必要なのです。

内容的には同じでも、企画書の構成によって印象はガラリと変わります。もしもあなたが「自分と大して変わらない企画書なのに、なぜあの人の企画書はいつも通るのだろう」と感じているのだとしたら、構成に大きな違いがあるのかもしれません。

企画書は仕事を行う上で軸となるものであり、企画書を通すことであなたの仕事の評価が上がります。だからこそ頭を悩ませて作成する企画書ですが、効果的な構成を知るだけで、ぐっと質が上がるのです。

そこで今回は、できる人の企画書の構成を解説し、できない人とはどこが違うのかをお伝えします。

[ 詳細はこちら… ]