記憶術を高めるための基礎☆楽しいから続く5つの練習法

記憶術を高めるための基礎☆楽しいから続く5つの練習法

誰でも1度は物忘れをした経験ってありますよね。物忘れをしてしまう人にお勧めなのが記憶術。ヒトの記憶は脳の側頭葉にある海馬という場所で行われますが、認知症などで記憶力が低下した脳は、この海馬の萎縮が見られたりします。

つまり、記憶力を鍛えるには海馬を含めた脳の機能を鍛えるトレーニングが重要。しかし、一般的に紹介されている記憶術はなかなか続かないものです。

それは、多くの記憶術が取っ付きにくいと感じるからでしょう。楽しければ毎日続けて出来るはず。今回は、楽しみながら記憶力を鍛える方法をお伝えします。

今回紹介する方法全てを行わなくても構いません。あなたも、これなら毎日できそうと思えるものから始めて下さい。
[ 詳細はこちら… ]

記憶術を取り入れて ストレス無しで3倍早く覚える方法♪

 記憶術を取り入れて ストレス無しで3倍早く覚える方法♪

語学や資格の勉強に不可欠な要素である「暗記」。「受験勉強をしていた学生時代から暗記系の教科は苦手で…」という人も、少なくないですよね。

そんな人は、ぜひとも記憶術を取り入れてみましょう。ところで、記憶には2種類あることをご存じでしょうか。それは、「知識記憶」と「経験記憶」です。

知識記憶とは、歴史の年号や元素記号といった抽象的な記憶のことで、経験記憶とは、自分が実際に経験したことや出来事を通じて得た具体的な記憶を指しています。

知識記憶は忘れやすく、経験記憶の方が残りやすいので、イメージ力や五感をフル活用して知識記憶を経験記憶に近づけるようにすると、暗記が楽になるんですよ。そのための方法が記憶術です。

また、記憶は棚の引き出しと同じです。何かの道具を取り出して使いたいとき、どの棚のどの引き出しに入っているか思い出せなければ、すぐに取り出して使うことはできませんよね。

記憶術は、記憶をすぐに取り出せるように訓練する技術でもあるんですよ。そこで今回は、記憶術を取り入れてストレス無しで3倍速く覚える方法を5つお伝えします。
[ 詳細はこちら… ]

速読のコツをつかむと脳がめちゃくちゃ元気になる9つの理由

a1180_012510_m

速読と言われるとスピードがある読み方なので飛ばし読み、斜め読みなのかではないかと誤解を受けがちです。通常の読書は一文字づつ目で追っていくなぞり読みと言われるもので頭の中で音声化している状態です。速読は文章を映像として捉えて見るようにして並列的に内容を次々と理解する読み方です。

なのでコツをつかめば速読はメリットが多くあり各機能が向上し知らないより知って身につけたほうが後々有利です。ここでは速読のメリットとして能力の向上に与える影響をお伝えします。利点がいっぱいですので速読のコツを掴んでスキルアップに役立てていただけることでしょう。ここでは、なぜ脳が元気になるのかという、速読から得られる効果をお伝えします。
[ 詳細はこちら… ]

www.progressive.ua