友達がいない人に共通する3つの性格的特徴

友達がいない人に共通する3つの性格的特徴
友達がいない人ってどうしても寂しそうに見えてしまいますよね。人間は社会的な動物ですので、人と行動を共にすること、成果を共有することに意義や楽しみを覚えるものです。常に一人でいる人は、この意義や楽しみを持つことができません。

友達がいない人には大きく分けて二種類あります。一つは、いなくても平気、いるとかえって疲れてしまうというタイプ。こういう人たちは自己完結しているので、友達がいなくても寂しさを感じることが殆どありません。

もう一つのタイプは、友達が欲しくないわけじゃないけど、何故か友達が出来ないというタイプ。このタイプの人たちは、友達がいないことを苦痛に感じています。特にキツイのが、知り合いはできるのに、気付いたら一人になっているという人たちです。こういう人たちは、どうして自分には友達ができないのかよく分からないまま、いつも一人になってしまっているのです。

ということで今回は、友達がいない人に共通する性格的特徴についてお届けします。

友達がいない人は、我が強い!

友達がいない人には、我の強い人が多いです。自意識が強すぎて、自分の感性と合わない人や物を受け入れられません。普通の人から見ればちょっとしたことでも、自分の感性に合わないと、強い嫌悪感を覚えて拒否してしまいます。こういうタイプの人は、どうしても友達ができ難くなります。

また、たとえ友達ができても、意見が衝突したときに折れることができず、結局付き合いをやめてしまいます。我が強くて妥協できない人には、友達との付き合いそのものが苦痛だという人が多く、友達がいなくてもそれを気に病むことは少ないのが特徴です。

我が強くて友達がいない、友達ができない人というのは、いわゆる頑固な性格の持ち主ですので、社会生活を営む上では、どうしても交友関係でギクシャクすることが多くなります。なかにはその性格を変えようと努力する人もいますが、たいていは友達がいない、少ない状況に慣れてしまうことが多いものです。

ただ、我の強い人は、芸術家肌だったり、職人肌だったり、その道で大成する人も多く、決して悪いだけの資質ではありません。一人でいることを楽しめる、一人の時間を工夫して使うことのできる人も多く、友達がいないことをマイナスに捉えていないため、その性質が変わることは稀なんです。

我の強い人というのは、自分が好きな人ですので、自分を変えることを嫌う傾向にあります。自分で理解できれば変わっていくこともできますが、人から押し付けられても変わることはできませんので、常に自分との戦いになります。

 

友達がいない人は、会話を楽しめていない

友達がいない人には、会話が苦手な人が多いのが特徴です。特に、お世辞やちょっとした褒め言葉がでてこない、雑談が続かない、話しかけられると緊張するといった特徴がみられます。こういう人たちは、人付き合いそのものが苦痛ですので、友達がいないか、いてもごく少数です。

会話が苦手というと話すのが得意じゃない人を思い浮かべますが、これは誤解です。話すのが苦手、つまり口下手でも、会話を楽しめる人はいるのです。そういう人は、自分は上手に話せなくても人の話をきくのは好きで、楽しそうに相手の話をきいています。こういうタイプの人には、友達もたくさんいます。

会話が嫌いで友達がいない人というのはこういうタイプではなく、お世辞や軽い会話を「くだらないもの」だと思っている人です。

普段私たちは、大して意味のない会話を交わしているものです。持ち物を褒めあったり、性格を褒めあったり、時にはちょっと大袈裟にお世辞をいったり。「それかわいいねー」「今日、顔色良いよ!」「いつも溌剌としていらっしゃいますね」といった一見どうでも良い軽口を元に会話をつなげていきます。それは社交の一端となります。

お世辞や軽口が言えない人というのは、こうした会話に価値を見ていないだけではなく、意味のない会話に嫌悪感を覚えるタイプの人です。こういうタイプの人たちは、お世辞など、心にもないような言葉を口に出すのが嫌いで、人から言われても喜びません。「かわいいですね、きれいですね、頭が良いですね」といった褒め言葉すら受け入れられないので、どうしても友達はできにくくなります。

 

友達がいない人には、暗い人が多い

友達がいない人とひと口でいっても、実際には色んなタイプがあるものです。ただ、総じていえるのは、友達がいない人には、性格的に暗い人が多いということです。これは逆を考えるととても分かり易いですね。性格的に明るい人は、他にどんな欠点があっても、友達には恵まれています。明るさというのは、何よりも人を惹きつけるものなんです。

性格的に暗くて友達ができない人は、我が強くて友達がいない人や、会話が嫌いで友達がいない人たちとは違って、自分に友達がいないことを気にしている人が多いのが特徴です。そして、友達がほしくて、自分の暗い性格を変えようと努力している人も少なくありません。

特に、真面目すぎる人、潔癖すぎる人、内気な人などは考えすぎるあまり、暗く沈んでしまいがちです。行動するより考え込んでしまって、それが雰囲気を暗くしてしまっています。頭を抱えて考え込んでいる人には、誰でも話しかけ難いものです。

ただ、暗い性質というのは、自覚さえすれば、変えていくことは可能です。たとえば、思考より行動に重点をおくだけで、暗い雰囲気はかなり改善されます。実際には性格的に変わっていなくても、アクティブな印象を与えることができれば、暗いイメージは払拭できるのです。

現代社会では、「暗い」というのはマイナスイメージで捉えられがちですが、暗くて真面目な人は努力家でもありますので、自分の暗さを克服できることも少なくありません。地道な努力を続けることで、少しずつ友達を増やしていくことも可能です。

 

ひとくちに友達がいない人といっても、色んなタイプの人がいますよね。タイプによって、友達がいないことを気にしている人もいれば、まったく気にしていない人もいます。

性格的に我の強い人は友達がいないか、いても少ない傾向にありますが、このタイプの人は友達がいないことを苦にしない傾向にあります。自分の感覚や自分の時間の使い方にこだわりのあう人なので、共感できない相手と一緒にいるよりは一人でいることを好みます。

会話が苦手な人も友達はいない傾向です。会話が苦手といっても、単に口下手だったり無口だったりする人ではなく、軽口やお世辞は口にするのも耳にするのも嫌いというタイプの人です。こういうタイプの人は人と雑談を交わす状況があるとむしろ緊張してしまいますので、友達がいなくても殆ど気にしません。

これらのタイプの人は友達がいない状況に慣れやすい人が多いのに対して、性格が暗くて友達ができない人は、内心、性格を変えたい、友達がいない状況が寂しいと思っている人が多いのが特徴です。特に、暗くて真面目すぎるせいで友達がいないという自覚のある人は、努力して自分の暗さを克服できることも少なくありません。

友達がいないといっても人それぞれ事情は違いますので、それぞれの性質を考慮して自分を見直してみましょう!

まとめ

友達がいない人は

・我が強い
・会話が嫌い
・暗い



運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

では、神の言霊であなたの運命日を鑑定し、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。



連記事

コメントをお書きください

альпари официальный сайт

profvest.com/

np.com.ua/elektromehanicheskoe-oborudovanie/miksery-planetarnye.html