友達が欲しい!引きこもりを卒業するには

友達が欲しい!引きこもりを卒業するには
友達が欲しいのになかなか友達ができない、友達を作るなんて自分には無理だと思っていると、外の世界に飛び出すのが怖くなって学校になんて到底いけませんよね。学校などの社会の場では、集団で行動する場面が多くあります。この時に友達がおらず一人ぼっちだと孤独ですし、大きなストレスを感じるものです。

また、友達グループの中でイジメを受けたことで、友達が欲しいなんて思わなくなったという人もいるでしょう。このような人は、友達なんていつかは自分を裏切るものだという固定概念を持つようになってしまい、なかなか友達作りも引きこもりからの卒業もうまくいきません。

しかし、外の世界から逃げて自分の部屋にこもってばかりいる引きこもり生活は、長引けば長引くほど社会復帰が難しくなります。そこで、友達が欲しい人のために、引きこもりを卒業して友達を作る方法をお伝えします。

思いつめない

自分の部屋にずっと引きこもっていると、だんだん被害妄想が膨らんでいきます。学校に行っているクラスメイトは、テストや受験のこと、恋愛のことなど、実際には引きこもっている人のことなんてほとんど頭にないにも拘わらず、引きこもっている本人はそれしか考えることがないため「クラス全員から嫌われている」と思い続けてしますのです。

しかし、友達が欲しいなら、「自分のことを考えている人なんていない、だから、嫌ったり疎んだりする人なんていないのだ」と開き直って考えると、学校に行くハードルは一気に下がります。

 

外の世界と接点を持つ

自宅から外に一歩もでない生活をしていると、学校はもとより、家の外にでることすら怖くなってしまいます。本当は友達が欲しいのに、外に出てもし学校の誰かと会ってしまったら、何を言われるかわからないと思うのです。

しかし、クラスメイトや同級生を外で偶然でも合うことが大切です。もしかしたら、話しかけてくれるかもしれませんし、挨拶をしてくれるかもしれません。このちょっとした接点を持つことが、引きこもりを卒業する上ではとても重要なのです。

 

よい自意識過剰になる

「自分は嫌われている」とか「自分は妬まれている」というネガティブな自意識過剰は被害妄想です。実際には何もないのに自分が勝手にネガティブな方に考えてしまって、引きこもりから脱出できなくなっているのです。

しかし、ポジティブな自意識過剰は、友達が欲しい人はぜひ実践すべきです。具体的には、挨拶をしてくれた子は自分と友達になりたいと持っているんだと考えるなどして、物事をプラスに考える癖をつけるのです。こうすることで、ひょんなことから友達が本当にできて、友達が欲しいという夢はあっけなく叶えることできます。

 

自分から挨拶と話しかけ

職場や学校など、毎日複数の人がいる集団がいる場に足を踏み入れる人は、自分から話しかける姿勢を持つと友達は自然にできていきます。友達が欲しい気持ちはあるけれど、自分から話しかける勇気はないなんて思いますよね。

しかし、こう思っているのは自分だけではありません。友達は欲しいけれど話しかける勇気がないなんて、みんなが思っていることです。ですから、自分から挨拶をしたり、話しかけてみると案外相手は嬉しいものだと思えば、引きこもりから脱却して外の世界で友達を作るなんて、意外とスムーズにいくものです。

 

共通の趣味で話す

人と話をするのは緊張するという人もいます。性格的に人見知りだったり、人と話すことに慣れていない人には自然な感情です。だからと言って、このような人は友達が欲しいという願いを叶えられないかというとそうではありません。

自分の得意分野、すなわち趣味で話があう人を探せばよいのです。人は、自分が苦手な分野についての発言をする時には緊張をしますが、自分が自信を持っている話題を話すのであれば緊張せずにすみます。共通の趣味を持っている人を見つけて話しかけてみましょう。

 

相手を受け入れる

人は自分に好意を持っている人に対しては心を開きやすくなります。誰でも人に好かれたら嬉しいですし、敵意がないということを示せば友好的になります。ですから、友達が欲しいのであれば、人に対して拒絶をせずに、まずは受け入れることから始めましょう。

相手に笑顔を見せたり、相手のことを言葉にして褒めると、徐々に心を開いてくれます。お互いに好感が持てれば、それだけでもう十分友達になれているということなのです。

 

さて、友達が欲しい気持ちはあるけれど、何を頑張ればよいのか、何から手をつければよいかわからないという人はたくさんいますよね。友達を作るのは難しいと思うかもしれません。しかし、友達を作るのはそんなにハードルが高いことではありません。

人間の感情はシンプルです。相手に嫌われている、憎まれていると感じたら、自分を守ろうと防御したり攻撃的になります。しかし、相手に好かれていると感じたら、嬉しいですし味方だと思って仲良くしようとします。この理論をもとに考えれば、友達が欲しいという願望をかなえることはそう難しいことではありません。

今回お伝えしたように、まずは自分が持っている人に対する先入観を取り払い、友達が欲しいという夢を叶えるために、自分から勇気を出して友好的に接するよう心がけましょう。こうすることで、自然と友達ができて、引きこもりからも卒業できるのです。

まとめ

友達が欲しい人の引きこもり脱却法とは

・世の中の人全員が自分を嫌っていると思わない
・周りの目を気にせずにまず外に出てみる
・ポジティブな自意識過剰はどんどん推進
・まずは挨拶から、自分から人に話しかける
・共通の趣味の人を見つけて話しかける
・相手を受け入れ、言葉にして相手を褒める

連記事

コメントをお書きください

куда вложить деньги

криптовалюта это

У нашей компании авторитетный портал на тематику наращивание ресниц.