運勢を良くする方法!心がけを変えて幸せを呼び込むには?

運勢を良くする方法!心がけを変えて幸せを呼び込むには?
「もっと運勢をよくしたい」「もうちょっとだけでも運勢が良ければ・・・」という思いは誰でも持っているものですよね。周りの人を見ていて、自分と同じことをやってるのに自分より良い結果を得ていると思えるときなど、どうしていつも自分はついていないのかとガッカリしてしまうものです。

そういうときは、ちょっと考え方を変えて、運勢を良くすれば良いのです。運勢を良くするというと難しいことのようですが、実際には、ちょっとした心がけで良い運気は廻ってくるものです。毎日の生活を整え、明るい気分で過ごせれば、悪い運気を払えます。

では、具体的に幸運を呼び込むにはどういうことに気をつければ良いのでしょうか?ということで今回は、心がけを変えて幸せを呼び込むための運勢を良くする方法についてお届けします。

運勢を良くするには、身の回りの整頓!

運勢を良くしたいときにまず取り掛かりたいのが、身の回りの整頓です。「そんなこと?」と思うかもしれませんが、目に付く場所を掃除し、綺麗に整理整頓するだけで、気の働きが変わって、運勢がよくなってきます。

周辺を整頓して気を整えるのは、風水の上でも良いとされています。私たちは周囲を気に包まれていきています。この気を清新に保っておくと、運勢も常に良い方に回転していくのです。

特に、日々接している身の回りを整頓して綺麗にしておくと、悪い気が払われて、良い運気が入ってきやすくなりますので、どうも運気が良くないと感じるときは、思い切って大掃除をしましょう。

一人暮らしのサラリーマンやOLは普段家にずっといるわけではないので、汚れや埃に気付きにくいものです。ところが、実際に掃除をしてみると、びっくりするほど埃がたまっているものです。埃は悪い運気を溜め込むものですので、定期的に処理することが大切です。

部屋に積み上げた古着や古雑誌なども、いらないものはどんどん捨てましょう。特に良くないのが、脱ぎ捨てた洋服や積み上げた雑誌です。脱いだままの洋服は邪気をためてしまいますし、雑誌は、縦に積み上げると邪気が下部にさがってきます。

すぐに必要ない物はクローゼットなどに片付け、不要と思うものはゴミ捨て場に。要らないものを処理すると、要らない不運もはらえるのです!

 

運勢を良くするには、心の整頓!

身の回りを整頓したら、次は心の整頓をしましょう。運気が順調に回転していないときというのは、心が乱れているときです。心の乱れは、はっきりした悩み事であることもあれば、自分では気付いていない気掛かりが胸の底に横たわっていることもあります。どういう形であるにしろ、心に乱れがあるときは、運勢が好転しません。

運勢を好転させていくには、自分の精神状態を把握して、上向きに保つようにします。悩み事があるときは放置しないで、その原因を取り除くようにします。放置していると、精神が淀んで邪気を呼び込んでしまいます。

特に、明確な原因が分かっているときは、それに向き合って解決をはかりましょう。悩み事の解決を先送りにしていると、運勢はどんどん悪くなってしまいます。解決を先送りにしているときというのは、表面上にはあらわれなくても、深層で負担になっていることが多いのです。

自分では気付いていない心掛かりがある場合、「何となく不安」という宙ぶらりんな状態におかれます。こういう場合は、自分の気掛かりが何に起因するのかをまずは考えてみます。何を考えると憂鬱になるのか、何処に行くと気が塞ぐのかといったことから、自分の不安の在り処をさぐっていきましょう。

自分ひとりで思いつかないときは、友人などに相談して心を解きほぐしていくのも一案です。自分の心の引き出しを整理していけば、運気も好転していきますよ!

 

運勢を良くするには、人間関係の整頓!

運勢を良くして、さらにそれをキープする上で一番大切なのは、人間関係の整頓です。私たちが生きていく上で最も厄介で、かつ、最も頼りになるのが人間。人間関係を良好に保てば運勢も好転、逆に、人間関係を保てなければ、運勢は停滞します。

人間関係が難しいのは、簡単に整理整頓できない点です。身の回りを整頓するだけなら、すべて自分の判断でできます。これは必要、これは不必要と判断して、要るものは片付け、要らないものは捨てるだけ。難しいことは何もありません。

人間関係はそうはいきません。捨ててしまいたいけど捨てられない義理のある関係や、捨てるに捨てられない腐れ縁など、面倒な関係がいっぱいです。無理に捨ててしまうと、後々軋轢の元になります。

大切なのは、自分の周辺にめぐらされた人間関係の根っこを把握しておくことです。誰と誰が頼れるのか、誰と誰は注意が必要なのか、誰と誰が衝突しやすいのかといった友人、知人の性向、動向をしっかり観察して、手綱を握っておきましょう。

人間関係というのは脆弱なもの、前日まで上手く運んでいても、あっさりと崩壊してしまうものです。そうなると、運勢も一気に下降してしまいます。いざというときに焦らないよう、普段からしっかりと周囲の人間関係を整理整頓しておきましょう!

 

運勢はちょっとした工夫と気の持ちようで好転します。その端緒となるのが、身の回りの整頓です。散らかった状況や埃の貯まった常態は、邪気を溜め込んで運勢を悪くしてしまいます。運が悪いなと思ったら、不用品を一掃するなど、大掃除をしてしまいましょう。積もった埃や古雑誌などは邪気の温床となっていますので、すっきりはらってください。

心の整頓をすることも、運勢を好転させるための大事なステップです。運勢が悪いなと思ったら、自分の心の状態をしっかり把握、悩みや気掛かりの種を刈り取るように心がけましょう。

さらに、運勢を高い位置でキープするには、人間関係の整頓がどうしても必要になってきます。人間同士の関係では、簡単にきったり捨てたりすることはできません。その分、友人、知人同士の関係性を普段からしっかり把握しておくことが大事になります。運勢を逃がさないようにするには、普段から相互の関係をすっきりさせておきましょう。

まとめ

心がけを変えて幸せを呼び込むには

・身の回りの整頓!
・心の整頓!
・人間関係の整頓!

連記事

コメントをお書きください

альпари форекс

www.medicaments-24.net/kamagra/kamagra-soft

Acheter Kamagra soft